プレスリリース

9月14日中小企業庁長官が2周年記念シンポジウムに登壇! OKa-Biz実績に地方創生モデルとして注目・視察も実施

岡崎ビジネスサポートセンター OKa-Biz(通称:オカビズ、運営:岡崎市・岡崎商工会議所)は、10月に開設2周年を迎えるにあたり記念シンポジウムを開催します。パネリストには、中小企業庁より長官の豊永厚志氏が登壇し、終了後には長官の希望によりOKa-Biz現地視察も行うことになりました。OKa-Bizの2年目の相談件数は1900件を超える見込みで、地方創生のモデルとして注目がされています。

1:2年目の相談件数大きく飛躍!地方創生のモデルとして注目されるOKa-Biz
OKa-Bizは、2013年10月に岡崎市と岡崎商工会議所が岡崎市図書館交流プラザ・りぶら内に設置した公的産業支援機関で、人による相談を重視した個別支援を行っています。開設1年目の相談件数は1404件と当初目標600件(月間50件)を大幅に超えました。2年目は、ニーズの多いIT相談枠の増加、デザインアドバイザー・女性相談員の新規加入など体制を整え、6月には月間相談件数が200件を超えました。2年目の相談件数は1900件を超える見込みです。また、新規で相談に訪れる人の8割は口コミから、寄せられる相談のうち7割以上がリピーターであり、OKa-Bizが事業主から支持されていることが分かります。

2:地方創生のモデルとして注目されるOKa-Biz
これまで、OKa-Bizでは全国の行政機関からの視察を多く受け入れてきました。開設1年目で受け入れた視察件数は34件、2年間には39件と全国から地方創生のモデルとして注目をされていることが分かります。また、2015年6月には内閣府男女共同参画局より「女性のチャレンジ支援賞」を受賞し、女性支援の視点からも国からOKa-Bizの活動が注目をされていることが分かります。

▼2周年記念シンポジウム概要
中小企業庁より長官の豊永厚志氏、公的産業支援機関として圧倒的な相談件数と売上アップ、創業支援事例から地方創生のカギとして注目されている富士市産業支援センターf-Bizセンター長小出宗昭氏を招き、地方創生と産業支援をテーマにシンポジウムを開催します。
 タイトル: f-Biz・OKa-Bizから考える地方創生と産業支援の未来
開催日時: 平成27年9月14日(月)13:30~15:30(開場13:00)
会  場: 岡崎商工会議所 大ホール
パネリスト:豊永厚志氏(中小企業庁長官)、小出宗昭氏(f-Bizセンター長)
ナビゲーター:秋元祥治(OKa-Bizセンター長)
定  員: 100名

▼視察内容
豊永長官の希望により、シンポジウム終了後、OKa-Bizの現場視察を受け入れることになりました。視察時は、中部経済産業局産業部長 正木朗氏(局長代理)やf-Bizセンター長の小出宗昭氏も一緒に、OKa-Bizセンター長の秋元祥治とOKa-Bizの取り組みのヒアリングと今後の地方創生における具体的な意見交換を実施します。
開催日時: 平成27年9月14日(月)16:00~17:00
場  所: 岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Biz
来訪者 : 中小企業庁長官 豊永厚志氏
中部経済産業局
 ※取材対応は、16:00~16:15を予定しています。


公的産業支援機関で初・官邸で大臣表彰 OKa-Biz、内閣府「女性のチャレンジ支援賞」受賞!

岡崎ビジネスサポートセンター OKa-Biz(オカビズ/運営:岡崎市、岡崎商工会議所)は、内閣府男女共同参画局「平成27年度女性のチャレンジ支援賞」を受賞しました。OKa-Bizは「女性パワーアップDAY」を設けるなどの取り組みから、女性の経営・創業の相談が3割に及びます。従来の公的産業支援施設は女性にとって敷居が高いとされており、この取り組みが評価され、公的産業支援機関では初めての受賞となりました。

▼ OKa-Bizの女性のチャレンジ支援の取り組み
 現在の公的産業支援機関では、男性、特に中高年の相談員が多く女性の相談員は少数であり、女性の立場に立った支援が十分に提供できていない現状があります。そこでOKa-Bizでは副センター長(高嶋舞)をはじめとして、相談員及び企画広報に女性を積極的に配置し、開設当初から創業や販路拡大・売上拡大などにチャレンジする女性を、女性視点に立ったサポートで積極的に支援しています。
 またOKa-Bizでは、火曜日に女性相談員を配置した「女性パワーアップDAY」、女性応援月間、男女共同参画推進講座の開催やあいち戦国姫隊などを「女性チャレンジ応援大使」に任命するなど、女性が気軽に相談できる場づくりを積極的に行っています。
このような取り組みから、OKa-Bizに寄せられる相談のうち約3割が女性からの相談であり、子育て中、出産・育児後の再チャレンジ・キャリアチェンジを目指す人など様々な状況の人が訪れています。こうしたOKa-Bizの取り込みが評価され、このたび、内閣府男女共同参画局「平成27年度女性のチャレンジ支援賞」を受賞し、官邸にて内閣府男女共同参画担当大臣より表彰されます。
 今後は受賞を記念して、8月に受賞記念講演として元日経ウーマン編集長・野村様の講演会なども予定しており、今後もチャレンジする女性を支援する取り組みを通じて、「女性が活躍できる社会の実現」の一躍を担っていきます。
 表彰式日時:6月24日17:50 場所:首相官邸 ※受賞風景の写真は、提供可能です。

▼(国の取り組み)女性の活躍が求められ、女性のチャレンジ賞を表彰へ
女性のチャレンジ支援等の表彰は、起業、NPO法人での活動、地域活動等にチャレンジすることで輝いている女性個人、女性団体・グループおよびそのようなチャレンジを支援する団体・グループを顕彰し、チャレンジの身近なモデルを示すことによって男女共同参画社会の実現のための機運を高めることを目的として、平成16年から実施しているものです。(参考:内閣府男女共同参画局HP
長期の景気低迷や少子高齢化による労働人口の減少が叫ばれている社会背景を受け、安倍政権は女性の社会進出を促そうと「女性が活躍できる社会の実現」を政策に掲げ、様々な施策を実施している中、さらに注目を集めている賞です。

▼受賞報告会:下記日程で内田康博岡崎市長にこの度のチャレンジ賞受賞の報告をします。
 日時:7月7日(火)11:45~12:00  場所:岡崎市役所東庁舎 第二来賓室


楽天と岡崎ビジネスサポートセンターが業務連携の覚書締結

- 地域産業の活性化のために中小企業や起業家を共同で支援 -

 楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史、以下「楽天」)と、岡崎市および岡崎商工会議所が共同運営する岡崎ビジネスサポートセンター OKa-Biz(所在地:愛知県岡崎市、センター長:秋元祥治、以下「オカビズ」)は本日、地域産業の活性化に向けた中小企業支援や起業家育成に係る業務連携の覚書を締結いたしましたので、お知らせします。

 楽天とオカビズは、中小企業や個人事業主を対象として、楽天が運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」の活用に関するセミナーを共同で開催したり、個別の相談会を実施することで、岡崎市の事業者の「楽天市場」参画を促進し、事業者の販路拡大支援などを通じて、地域産業のさらなる活性化に取り組みます。

 楽天は創業以来、地方の中小企業や個人事業主をインターネットを通じて活性化することを企業理念として、「楽天市場」をはじめとしてさまざまな事業を展開してまいりました。現在では、全国に17支社を設置し、「楽天市場」の出店店舗への支援などを徹底しております。岡崎市を含む東海地域についても、2007年に名古屋支社を設立し、地元の事業者の販路拡大支援に尽力しています。また高校生向けにECに関する講座を全国各地で展開する「楽天IT学校」では、愛知県立岡崎商業高校における授業を実施しており、全国の選抜チームが一堂に会し授業の成果を発表するプレゼン大会「楽天IT学校甲子園」において、2014年は岡崎商業高校が優勝しました。

 オカビズは岡崎市および岡崎商工会議所の連携のもとで、2013年に産業支援拠点として開設され、以来、地域における事業者の相談機会の充実と支援機能の強化を図ってまいりました。「きく・みつける・ささえる」をミッションとして掲げ、新規事業の立ち上げや売上の拡大といったさまざまな課題について、事業者の支援を徹底しています。

 楽天とオカビズは、本業務連携のもとで、ECの活用による岡崎市の事業者の販路拡大支援を通じ、岡崎市の地域経済のさらなる活性化に貢献してまいります。

以上